意外と簡単にできる!?はじめてのユーザー車検!

ユーザー車検って何?

自動車を所有していると必ずやらなければいけないのが車検。新車は購入から3年、それ以外の自動車は2年毎となりますが、2年毎に車屋さんに依頼して車検を通してもらうのも結構大変だし、費用も馬鹿になりませんよね。そこで近頃良く耳にするのが自身で車検を済ませてしまう「ユーザー車検」と呼ばれるものです。「敷居が高いな・・・」と思われるかもしれませんが、少しの検索と少しの勇気を出すだけで思っているよりも簡単にできますよ!

ユーザー車検はいくら掛かるの?

ユーザー車検は車屋さんに依頼せず、わざわざ自分の手間を使って行うものですから、とっても気になるのが「それだといくらで済むの?」という事ですよね。当然、軽自動車か普通車か、またまたその車種は何か、ということによって金額は変わってしまいますが、良く売れているH社のコンパクトカーの場合、なんと45,000円(自賠責保険料27,840円+検査手数料1,800円+自動車重量税15,000円)で車検を受けることができます!一般的に車屋さんで車検をお願いするのに比べ、仲介費用などが削減できますので、非常に安く済ませることができますね。

ユーザー車検は一体どうやればいいの?

通常の車業者の方を含め、全ての車検は「陸運局」という場所で行われています。お住まいの地区+陸運局で検索すると近隣の陸運局が出てきますので、そちらの陸運局に予約を行い、日程を合わせて受験しましょう。昨今はユーザー車検を行われている方が増えてきたため、陸運局も業者ではない個人の人間にもわかりやすく場内配置等を行っているケースが多いようです。一つだけ注意点としては、あくまで様々なホームページ等で検索した上で、「自分でもできる!」という自信がある場合のみ、ユーザー車検を行うようにしましょう。もし不安な要素が多いようであれば、24カ月の点検のみを車屋さんにお願いし、車検自体は自分で受験する、という方法でも費用を節約することができますよ。

広島の車検はスピードが早い特徴があります。とても早く車検を終わらせてくれますので、自家用車を早く受け取れます。